Lab-Grown Diamonds
ラボグロウンダイヤモンドとは?

Lab-Grown Diamonds

男女問わず人気の高いダイヤモンドをあしらったジュエリー…やはりダイヤモンドの輝きは唯一無二の美しさで、身に着けるとラグジュアリー感が味わえます。
そんなダイヤモンドの中でも次世代のダイヤモンドとして注目を集めているのがラボグロウンダイヤモンドです。

近年注目を集めるラボグロウンダイヤモンドとは?

ラボグロウンダイヤモンド(Lab-Grown Diamonds)とは、ラボ(研究所)で育てられたダイヤモンドです。採掘された天然のダイヤモンドと同じ炭素を原料としているだけでなく、結晶構造や硬度も天然ダイヤモンドと完全に同じように作られています。アメリカを中心に人気に火が着き、今では世界各国のジュエリーブランドやハイファッションブランドが注目している次世代のダイヤモンドです。
早速、ラボグロウンダイヤモンドの特徴について解説いたします。

環境にやさしい
まず、昔からある天然のダイヤモンドはキンバーライトという岩石の中から採掘されます。ダイヤモンドを含むキンバーライトがある山のことをダイヤモンド鉱山と呼び、ロシアや南アフリカに数多く見られます。
最近の研究によると、ダイヤモンドは地底145〜200km付近にまだ1000兆トン以上埋まっていることがわかってきました。しかし、現在の技術ではこの深さにあるダイヤモンドを採掘することは不可能です。
そこで、限りある大切な資源の一つであるダイヤモンドを将来的にもジュエリーとして楽しめるように…と、人工的にラボで合成する研究が盛んに行われるようになったのです。
HPHT(高温高圧法)というラボグロウンダイヤモンドの作り方では、天然ダイヤモンドが作られる環境と同じような高温高圧の環境を人工的に作り出し、1ヶ月ほどかけてじっくりとダイヤモンドを育てていきます。

紛争ダイヤモンドではない
天然ダイヤモンドはその希少性や美しさから非常に高値で取引されます。それゆえ、原産国であるアフリカ大陸の国々で80年代から90年代にかけて起きた紛争の資金源になってしまったことが1990年代に社会問題として浮き彫りになりました。
2000年代には、国ごとに加盟するキンバリー・プロセス認証制度という紛争の資金源となる『紛争ダイヤモンド(ブラッドダイヤモンド)』を取り引きしないということを証明するための制度が生まれ、現在ではほとんど紛争ダイヤモンドは流通していないと考えられています。
ラボグロウンダイヤモンドはラボで作ることができるので、非常にクリーンなダイヤモンドだといえます。最近ではティファニーやブルガリなどを傘下にもつファッション業界最大手企業LVMHグループもラボグロウンダイヤモンドの生産所に高額な投資をしたことが話題になるなど、経済的にも最先端で信頼できるダイヤモンドなのです。

生産過程がクリア
天然のダイヤモンドの中で、最も古いものは約40億年前に誕生したと言われています。地球という星が生まれたのが約45億年と考えると、ダイヤモンドは地球がまだまだ若い頃に出来たということですね。想像を超えるような歴史を持つ天然ダイヤモンドを身につけることは非常にロマンティックですが、一方でどのような過程を経て手元に届いたのかわからないといった不安もあります。
その点、ラボグロウンダイヤモンドは厳重に管理されたラボの中で製造されているので、工程がしっかり管理されています。また、製造には非常に高度な技術が必要なため、世界各地の信頼できるラボでしか作られていないのも安心できますね。

近年注目を集めるラボグロウンダイヤモンドとは?

ラボグロウンダイヤモンドと天然ダイヤモンドの違いとは?

ラボグロウンダイヤモンドは天然ダイヤモンドと全く同じ科学的・物質的性質を持っているとお話ししましたよね。とはいっても、違いがないわけではありません。ラボグロウンダイヤモンドと天然ダイヤモンドの違いについてご紹介します。

高品質で不純物が少ない
アメリカ連邦取引委員会の規定によると、ダイヤモンドの定義とは『等軸晶系で結晶化した不純物のない炭素』と定められています。その定義に従うと、ラボグロウンダイヤモンドは天然のダイヤモンドと全く同じダイヤモンドであると言えます。
しかし、実は本物のダイヤモンドにはほんの僅かな窒素やホウ素などの不純物が含まれています。窒素が多いと黄みがかり、ホウ素が多いと青みがかったダイヤモンドになります。
一方、人工的に作るラボグロウンダイヤモンドは不純物を一切含まずに結晶化させる事がが可能です。そのため、透明度の高い澄んだ輝きを放ちます。
ダイヤモンド類似石、モアッナサイトやジルコニアとの違いとは?
ダイヤモンドに似せて作られた類似石として、モアッナサイトやキュービックジルコニアがあります。結論から言うと、これらはラボグロウンダイヤモンドとは全く異なるものです。
どちらも、ダイヤモンド模造品として安価に作られる合成・人工石ですが、似せることができるのは見た目だけで、成分や硬度、重さなどはダイヤモンドとは似て非なるものとなっています。

ラボグロウンダイヤモンドと天然ダイヤモンドの違いとは?

ラボグロウンダイヤモンドと天然ダイヤモンドの使い分け

ラボグロウンダイヤモンドと天然ダイヤモンドは生産過程が異なるだけで、どちらも正真正銘のダイヤモンドです。目で見て見分けるのはもちろん、ダイヤモンド検出器という従来型の検査機器でも判別不可能です。
では、そんなラボグロウンダイヤモンドと、天然ダイヤモンドはどう使い分けたらよいのでしょうか?

サステナブルな意識をさりげなく取り入れて…
ラボグロウンダイヤモンドは、ラボで生み出されるため、枯渇する心配がありません。しかし、天然のダイヤモンドは石油や石炭同様に有限の資源です。私たちの子孫にも天然ダイヤモンドを遺せるよう、ジュエリーにもサステナブルな意識を取り入れることが大切です。
たとえば、婚約指輪や結婚指輪のように人生において重要なジュエリーには天然ダイヤモンドを、日々のアクセサリーとして、デイリーユースするジュエリーにはラボグロウンダイヤモンドを…などと使い分けると良いのではないかと思います。

ラボグロウンダイヤモンドと天然ダイヤモンドの使い分け

日常づかいできるラボグラウンダイヤモンドアクセサリー

ラボグロウンダイヤモンドの魅力を知ると、是非身に付けてみたい…という気持ちになりますよね。

シンプルでスタイリッシュなデザインに、みずみずしくきらめくダイヤモンドを合わせたジュエリーは、スタイリッシュにもエレガントにも合わせられる万能アイテムです。コーディネートの仕上げや毎日身につけるスキンジュエリーにもおすすめです。

日常づかいできるラボグラウンダイヤモンドアクセサリー

One LG Diamond Ball Chain Bracelet

まずご紹介したいのが、デイリーに使いやすいボールチェーンのブレスレットです。

スタイリッシュなボールチェーンにさりげなく光る0.10ctのラボグロウンダイヤモンドが、ラグジュアリー感を高めてくれます。ボールチェーンが手首に沿って滑らかに動くと、ダイヤモンドが光を反射し繊細なきらめきを楽しめます。

男女問わず身につけられるデザインですので、ペアブレスレットとしてもお使いいただけます。シルバーとゴールドの2色展開で、どちらも肌馴染みがよくオススメです。

One LG Diamond Ball Chain Bracelet

          

流行に左右されず飽きのこないシンプルで奥行きのあるデザインは、永く身につけるにもぴったりです。カジュアルシーンでもフォーマルシーンでも映えるブレスレットは、どんなコーディネートとも合わせやすく、デイリーユースにもオススメです。

          

LG Diamond Horseshoe Signet Ring

次にご紹介したいのがこちらのホースシューシグネットリングです。馬の蹄につけるホースシューは魔除けや幸運の象徴として古来から親しまれているモチーフです。U字になるよう、指の爪側が開くようにつけると、外から幸運を受け取り溜め、逆さにして逆U字のようにつけると、不運を落とし、幸せを振りまくといった意味があります。

ホースシューモチーフにラボグロウンダイヤモンドがちりばめられた繊細でナチュラルなデザインになっています。さりげなく身につけられるクラシカルなリングです。モチーフがこぶりなので、女性でも着用いただけます。

シグネットリングデザインですので、小指につけるのもオススメですが、どの指につけてもフィットするナチュラルさが魅力です。

LG Diamond Horseshoe Signet Ring

LG Diamond Horseshoe Necklace

最後にオススメしたいのはリングと同じくホースシューをあしらったネックレスです。シンパシーオブソウルといえばホースシューネックレスというイメージの方もいらっしゃるくらい、人気の高い定番アイテムです。

そんなホースシューモチーフにラボグロウンダイヤモンドを6石をセットしたこちらのネックレスは、他のホースシューモチーフネックレスよりも小ぶりなサイズ感が特徴です。

首元でさりげなく輝くダイヤモンドは、カジュアルなシャツに合わせれば爽やかに、シックなニットに合わせればエレガントに…シーン問わずに大活躍してくれる事間違いなしです。

LG Diamond Horseshoe Necklace

ラボグロウンダイヤモンドで味わうラグジュアリー感

ラボグロウンダイヤモンドの魅力とラボグロウンダイヤモンドをあしらったオススメのジュエリーをご紹介しました。ブレスレットやリング、ネックレス…どれもさらりと気負わず身につけられるデザインなのに、ラボグロウンダイヤモンドのおかげでどこかラグジュアリー感を味わえます。コーディネートしやすいアイテムですので、プレゼントにもおすすめです。

今後ますます人気が高まるであろうラボグロウンダイヤモンド、ぜひそのかがやきをお楽しみください。

ラボグロウンダイヤモンドで味わうラグジュアリー感


ご注文はこちらから