スタッフシブツ #8

S.O.S fp Staff Private Jewelry

 わたしがコレに決めたワケ!
S.O.S fp スタッフ私物をご紹介

『スタッフシブツ』とは?

『スタッフシブツ』では、スタッフの私物を通してジュエリーに宿ったストーリーをご紹介して行きます。S.O.S fp のジュエリーがお客様の手元に渡り、そこから生まれるストーリーを想像し楽しんでいただければ幸いです。

毎月25日更新!

『スタッフシブツ』とは?

オフィススタッフ 伊藤さん

ジュエリーの足し算と引き算

■購入エピソードをお聞かせください
勤務年数もそこそこ長いのでS.O.S fpから様々なファッションの変遷を見てきました。クロムハーツを筆頭としたシルバーアクセサリーブームから入り、ジョニー・デップの様なネックレスやブレスレットのレイヤードスタイル、はたまたインディアンジュエリーへと移り変わり、どちらかと言うと足し算のファッションと結び付きの強かった日本のメンズジュエリーでしたが、ここ3年ほどでスポーツスタイルやワンマイルウェアの様なスタイリングで生活に寄り沿って過飾から離れた引き算目線にシフトしていました。
もちろんコロナ禍でのおうち時間など、リラックスした状態でも気兼ねなく着けられてファッションとしても遜色のないデザインという事でマストなジュエリーとなるとシンプルチェーンで尚且つ着脱が楽、さらにほぼメンテナンスフリー!と来たらこれしかありませんね。そんな感じで選んだ逸品です。
もちろん着飾る時用のジュエリーは別で沢山持っていますが、今のヘビーローテーションはこれです。

オフィススタッフ 伊藤さん\r\n\r\nジュエリーの足し算と引き算

とりあえず【かっこいい】です

■おすすめポイントを教えてください
まず一つはミニマムな着け方を前提として買ったのでチェーンだけで着けていますが、気分でペンダントトップを通して使う事も出来るところですね。
あと「これぞシンパシーオブソウル」と言えばホースシューモチーフですが、Tバーの受けがサラッとホースシューになっていてどこが見えてもいい所が気に入っています。ジュエリーを着けていらっしゃる方ならお分かりかと思いますが、留め具がなぜか絶対前に回って来てしまうのです・・・。几帳面な方なら毎回直すのが面倒くさいと思われているはずです。
それとシルバーとゴールドをミックスで着けるのが好きなのですが、細身ではありますがK18の色が程良く見える幅なので、例えば他のリングや時計などとの相性をあまり気にしなくても形になるちょうどいい全体のバランス感です。
最後にとりあえず【かっこいい】です。

とりあえず【かっこいい】です

オフィススタッフ 那須さん

師匠から継承した由緒正しきリング

■購入エピソードをお聞かせください
このリングは入社当初から現在もお世話になっている自分にとっては師匠のような先輩から8年前に譲り受けました。
もともとアクセサリーはゴールドよりもシルバーを好んで身に着けていましたが、尊敬する先輩からいただいたリングでサイズもちょうど合っていたので長く愛用しています。
着けっぱなしなのでだいぶ味は出ていますが、細かい傷の一つ一つに、今までS.O.S fpで過ごしてきた時間が刻まれているかけがえのないリングです。
シンパシーオブソウルのブランド初期からあるデザインのため、たまに眺めながら当時を思い出して懐かしめるところも気に入っています。

オフィススタッフ 那須さん\r\n\r\n師匠から継承した由緒正しきリング\r\n

バリエーションの豊富さも魅力のひとつ

■おすすめポイントを教えてください
多くのお問い合わせをいただくシグネットリング(印台をモチーフにしたリング)でサイズ展開も多いため、お好きな指でお使いただけます。
また、素材のバリエーションもシルバー、10金、18金と豊富で、それぞれダイヤ入り、ダイヤ無しのデザインの中からお好みでお選びいただけます。
単品で小指や薬指にお着けいただくのももちろんかっこいいですが、他のリングと重ね着けしていただくのもおすすめです。(僕はインディアンジュエリーのリングと重ね着けをしています。)
長くお楽しみいただけるデザインですので、ぜひ一度お試しください!

バリエーションの豊富さも魅力のひとつ\r\n

ニューヨークスタッフ 小島さん

最近注目のイヤカフ
ピアスがあいていなくても楽しめるスグレモノ!

今どき?ましてや、ジュエリー業界なのにと思われると思いますが、実は私、ピアスの穴が開いていないのです。何となく開けるのが怖い、痛そう?などという先入観があり機会を失っていました。
そんな時出会ったのがここ最近注目のイヤカフ!穴を開けずに耳元のオシャレが出来るのです!
まだまだマスクを着用しないとならない日々が続きますが、マスクの耳元にイヤカフがあるとオシャレ感が倍増でテンションが上がります。アクセサリーを身に着けてテンションが上がるって、楽しく素敵な事なのだと改めて感じた体験でした。

ニューヨークスタッフ 小島さん\r\n\r\n最近注目のイヤカフ\r\nピアスがあいていなくても楽しめるスグレモノ!

ピアスと合わせることで
アレンジの幅が広がります

シンプルなデザインであれば男性にもオススメです。
私はゴールドカラーを着けていますが、当店の男性スタッフはシルバーカラーで着用。スタッズやフープなど、ピアスが出来る人はイヤカフと一緒に着けてもアレンジの幅が広がり楽しめます。
もし、私のようにピアスのチャンスがなかった方にはぜひ、トライして頂きたいです!

ピアスと合わせることで\r\nアレンジの幅が広がります



スタッフ愛用アイテムはこちら